安いのは大手と中小どっち

作業員

長距離なら大手業者

神戸市内には大手から中小、地元密着の業者、軽貨物運送業者など数多くの引越し業者が存在します。知名度があったほうが信頼できそう、だから大手の業者を選ぶ、しかし大手であると引越し価格はやや高めに設定されます。大手が高い理由は、宣伝費も含まれサービスも充実しているからです。そうなると神戸市内の引越し業者は、宣伝費をそれほどかけられませんから大手に対抗するには安さで勝負となります。そのため、引越し料金の安い業者を神戸市内で探すのであれば中小業者の方が安くなります。しかし、神戸市から東京といった長距離の転居であると中小業者よりも大手の業者に依頼をしたほうが安くなるケースがあるのです。規模が小さい会社であると、近隣の県までしか拠点がないことが多いです。そのためエリア外となるとお客様から預かった荷物を保管しておける中継地点がないので、別業者の倉庫を借りるといったことになります。そうなるとそこで料金が上乗せされてしまうのです。大手の引越し業者であれば全国に拠点があります。他社の倉庫で荷物を保管するといったことがなく、自社の倉庫で保管をすることができますのでコストを抑えることができるのです。また、大手ならバイクやピアノといった特殊な荷物の運搬にも対応しています。クレーンを使った搬入も対応しています。そういったノウハウがあります。そのため神戸市内で引越し業者を選ぶなら、近距離か長距離かも選ぶ基準となります。